尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』

痛風

痛風とは、血液中の尿酸値が高いことで、関節などの組織に尿酸が結晶となって蓄積し、結晶を白血球が除去しようとして関節内に炎症が起こり、痛みが出ることをいいます。痛風の原因としては、肥満や、飲みすぎなどがあります。また男性に圧倒的に多く起こります。


痛風の症状は突然起こります。ひどい足の関節痛があり、動かなくても痛むことがあります。多く場合、足の親指の付け根が痛みだし、腫れて熱をもちます。尿酸値が8mg/dl以上となると痛風が起こりやすくなるといわれています。健康診断で尿酸値をチェックしておくことが大切です。


痛風は肥満を改善することで、尿酸値が下がり、良くなります。食事で摂取するエネルギーを制限し、運動などで消費するエネルギーを増やすことが大切です。また尿酸値を上げるプリン体という成分の摂取を控えましょう。プリン体が多い食品は、いわし類、内臓類、肉類などがありますが、食べ過ぎないようにしましょう。


痛風では他にも尿を排泄することも大切です。水分を1日2000mL程度の飲むようにしましょう。また同じ水分だからといって、ビールは他のアルコール類と比べても、プリン体を多く含んでいるので注意が必要です。

高脂血症

高脂血症は血液中の総コレステロールや中性脂肪が多い状態です。高脂血症では、動脈の内側の壁面にコレステロールなどの成分が付着することによって、動脈硬化を引き起こします。そして、しばらくすると血管内腔が閉塞してしまい、そのために心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことがあります。


高脂血症の原因としては、遺伝体質や食生活の乱れ、飲みすぎ、食べすぎ、運動不足などの典型的な不適切な生活習慣にあります。


高脂血症は、通常は自覚症状がありません。そのため健康診断できちんとチェックすることが大切です。高脂血症のまま長期間過ごしていると、動脈硬化が進行し、その結果、胸痛や足の歩行痛、一時的に手足が麻痺するなどの症状が現れます。いずれも動脈硬化の症状が心臓、足、脳に現れたことによるものです。


高脂血症は血清総コレステロールが220mg/dL以上の場合、もしくはLDLコレステロールが140mg/dLの場合、中性脂肪が150mg/dL以上の場合などに診断されます。高脂血症を予防するには、動物性脂肪を減らし、食物繊維を多く含んだ野菜や、大豆、海藻などを積極的に摂るとよいでしょう。また食事の総カロリーを減らし、飲酒量を減らし、定期的に運動をするようにしましょう。

糖尿病

糖尿病はすい臓でつくられるインスリンが不足したり、インスリンの作用が妨げられることによって、血液中のブドウ糖の量が異常に増加する病気です。糖尿病には1型と2型の2種類あります。1型糖尿病はインスリンが作れないタイプの糖尿病で、インスリン注射が必要となります。2型糖尿病はインスリンの分泌がうまくいかないタイプの糖尿病で、ブドウ糖が上手く使われないために血糖値が高くなります。


糖尿病の大部分は2型糖尿病です。主に、遺伝と不適切な生活習慣が原因でなる病気です。食べすぎや飲みすぎ、運動不足などの不適切な生活習慣により、肥満になることが原因となります。食事で摂取した余分なエネルギーは脂肪内に蓄えられます。その状態が長い間続くと、インスリンの働きが低下して、血液中の糖分が過剰な状態になります。

糖尿病は最初は自覚症状がみられません。初期段階では健康診断などでおこなわれる血液診断が有効となります。ただ糖尿病は病気の進行とともに、のどの渇きで水分を多く取るようになり、トイレの回数も増えます。また倦怠感などもでてきます。

糖尿病の検査は主に血液検査でおこなわれます。早朝空腹時の血糖値が126mg/dL以上の場合、または随時血糖値が200mg/dL以上の場合などに糖尿病と診断されます。糖尿病は、視力障害や腎臓障害、神経障害などの合併症を引き起こす非常に恐ろしい病気です。このような事態にならないためにも、日々の生活習慣に気をつけていただきたいと思います。

歯周病

歯周病は、歯の周辺組織が破壊されることにより、歯がグラグラになって、最終的には抜けてしまう病気です。歯ぐきの部分に沈着した歯垢(プラーク)の中にある細菌が原因となっておこります。


歯周病は歯磨きをしっかりと行わないと、歯磨きを毎日していてもなることがあります。また歯周病の原因としては、睡眠不足や喫煙などの生活習慣が影響することがあります。歯周病にならないためには、まずはきちんとした歯磨きをおこなうこと、それから定期的に歯科医院に行き、歯周病のチェックをしてもらうといいでしょう。

アルコール性肝炎

アルコール性肝炎とは、アルコールが肝臓で分解される過程で出る、アセトアルデヒドが原因となって肝細胞に障害を起こすことでかかる病気です。アセトアルデヒドは毒性があります。長期間大量の飲酒を繰り返すことにより、アセトアルデヒドが肝細胞に悪影響を及ぼし続けることで肝炎が起こります。


大量の飲酒とは、エタノール換算で80グラムといわれています。エタノール80グラムに相当する量は、日本酒で1日3号以上、ビールなら大瓶3本以上、ウイスキーならダブル3杯以上となります。長期間、エタノール80グラムを体内に取り入れていると、肝細胞に障害がおこり、発熱や黄疸、右上腹部痛などのアルコール性肝炎の症状がでてきます。

大腸がん

大腸がんは小腸の末端につながる盲腸から結腸、直腸、肛門までの大腸粘膜上皮に発生するがんです。また結腸にできると結腸がん、直腸にできると直腸がんともよばれます。最近では欧米型食生活が日本でも浸透していることから、大腸がんの患者が急速に増加をしています。

大腸がんの原因としては、高脂肪で繊維食が少ない欧米型の食生活があげられます。脂肪分の多い食事は、腸内の胆汁酸や腸内細菌などと作用しあい、発がん性物質をつくります。それが大腸の粘膜に長期間に渡り接触することでがんが発生します。また飲酒、運動不足、ストレスなども大腸がんの原因となります。

肺扁平上皮がん

肺扁平上皮がんは、気管から気管支の内部を覆っている扁平上皮という細胞ががん化してしまうために起こる病気です。肺扁平上皮がんの主な原因は、喫煙ストレス、食生活の乱れなどがあり、特に喫煙が一番の原因です。

肺扁平上皮がんは、初期段階ではX線などでも確認することはできません。主に血痰として異常に気づくことがあります。大きくなると気管支外壁に現れ、X線で確認出来るようになります。肺扁平上皮がんにならないようにするためには、まずは禁煙を実行することが一番大切です。

肺気腫

肺気腫は、喫煙などが原因で肺胞の壁が破壊されて起こる病気です。肺胞とは呼吸により空気中にある酸素を取り込んで、いらなくなった二酸化酸素を排出する働きをするところです。この肺胞が破壊されると、充分に酸素が取り込めなくなり、血液中の酸素が少なくなる病気です。

肺気腫原因は遺伝的なものや、大気汚染、年齢に伴うものとさまざまありますが、やはり生活習慣で考えると喫煙が一番の原因となります。破壊されてしまった肺胞は元には戻りません。禁煙を心がけるとともに、うがいを徹底する習慣をつけることが大切です。

慢性気管支炎

慢性気管支炎喫煙などが原因となり、気管支腺に慢性の炎症が起こる病気です。気管支腺の炎症により、気道の分泌液が多くなるためにタンやそれに伴う咳が長期間に渡って続くようになります。多くの場合、乾燥する冬場に症状が悪化し、軽い呼吸困難がみられる人もいます。

慢性気管支炎原因には、アレルギーや大気汚染、細菌やウィルス感染などが影響しているといわれています。ただ生活習慣の立場から考えると、一番の原因は喫煙です。禁煙を心がけ、毎日うがいを徹底することで予防することができます。

高血圧

高血圧とは血圧が高い状態のことです。血圧は心臓の左心室が収縮するときに最大となり、拡張するときに最小となります。そのため血圧は収縮期血圧と拡張期血圧があります。収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上の場合に高血圧となります。高血圧はさまざまな病気の原因となりますので、定期的な測定が必要です。

高血圧の原因となる生活習慣は、塩分の取りすぎやカリウム不足、飲酒、肥満、運動不足、ストレスなどです。特に肥満と高血圧は密接に関わっています。

高血圧の治療は、軽度の場合では生活習慣の改善が一番効果があります。特に食事と運動に気をつけるだけで充分な効果があります。まずは塩分の取りすぎに注意すること。また、カリウム不足を補うために、野菜や海藻類を多めにとることも大切です。また運動不足対策をすることで肥満を防止することができます。

高血圧のために薬で治療をしている場合にも、生活習慣の改善で薬を減らすことができます。高血圧を放置していると、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害、狭心症や心筋梗塞などの、虚血性疾患を引き起こすことがありますので、きちんとした対応が必要です。

心筋梗塞

心筋梗塞は、心臓へ酸素と栄養分を供給する冠状動脈に動脈硬化が進行することによって動脈が狭くなり、さらに悪くなると閉塞し血流が遮断されてしまいます。このとき心臓への酸素と栄養分の供給がストップしてしまうため、細胞が死んでしまいます。これを急性心筋梗塞といいます。

心筋梗塞の原因は肥満高血圧糖尿病、高脂血症、喫煙が主なものです。そのほかにストレスや飲酒も関係してきます。

脳梗塞

脳梗塞は、脳の動脈の内腔が詰まり、そこから先に血液が流れないために、脳細胞が死んでしまう病気です。特に中心の太い動脈がつまると、広い範囲の脳細胞が死んでしまうので、命の危険にさらされます。また細い血管で起きた脳梗塞の場合は、症状に気づきにくく、症状を感じないことがあるため、健康診断などではじめて発見されるケースも多いです。脳梗塞は50歳以上になると多く見られる病気です。

脳梗塞の最も大きな原因は高血圧です。脂肪分の多い食事は、脂肪分が血管内に蓄積しやすくなるために非常に危険です。また脳内出血と同様に、喫煙、運動不足、肥満、ストレスも脳梗塞発症に大きな影響を及ぼします。脳梗塞の症状としては、手足に力が入らなくなり、手足がしびれ、言葉が上手くしゃべれなくなり、めまいなどの神経症状が現れます。重症の脳梗塞の場合は、意識がなくなり、最悪、命を落とすこともあります。

脳内出血

脳内出血とは、脳内にある細い血管が破れて出血することによる脳細胞の障害のことをいいます。脳内出血は主に50歳以上の人に多く見られる病気です。脳内出血の原因としては高血圧があります。長期間、高血圧状態が続くと、血管壁が薄い脳内の細い血管は、破れやすくなります。また食生活が悪いと、血管がもろくなり、破れやすくなります。また飲酒量に比例して、脳内出血は起こりやすくなります。喫煙や、ストレスなども影響があります。

脳内出血の症状は、突然起こります。それから手足に力が入らなくなり、手足のしびれ、言葉が上手くしゃべれなくなり、めまいなどの神経症状が現れます。重症の場合には、意識がなくなり、最悪、命を落とす場合もあります。

生活習慣病とは

生活習慣病とは、糖尿病・高脂血症・高血圧・高尿酸血症など、生活習慣が主な発症原因であると考えられている疾患の総称のことをいいます。生活習慣病である糖尿病や高脂血症などは、虚血性心疾患・脳卒中などの原因となり、最悪の場合死に至る場合もある恐ろしい病気です。 生活習慣病は一般的に30〜40歳代以上から発症しやすくなり、その発症には食事習慣、運動習慣、肥満、喫煙、飲酒などの生活習慣が深く関わっていると考えられています。生活習慣病の予防には、日々の生活習慣の改善が必要です。また、肥満に加えて糖尿病・高脂血症・高血圧・高尿酸血症などの生活習慣病を複合する状態を、メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)といいます。 かつては、生活習慣病は加齢によって発病すると考えられたので「成人病」(せいじんびょう)と呼ばれていました。脳卒中、がん、心臓病は3大成人病とされ、特に注意が必要とされていました。そのため、脳卒中、がん、心臓病は集団検診による早期発見、早期治療の体制が進められました。 いわゆる成人病は、昭和30年代に「主として、脳卒中、がん、心臓病などの40歳前後から死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を占め、40〜60歳くらいの働き盛りに多い疾病」として行政的に提唱されたものといわれています。 しかし、その後の研究で、原因の大半は長年にわたる生活習慣にあり、間違った生活習慣によって高脂血症や高血圧がどの年齢にも起こりうることが分かったため、子供の頃から予防に気を付け必要があることから、1997年頃から「生活習慣病」と呼ばれるようになりました。
パワーダイエットシューズ
パワーダイエットシューズ
タグ:生活習慣病
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。