尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』

痛風

痛風とは、血液中の尿酸値が高いことで、関節などの組織に尿酸が結晶となって蓄積し、結晶を白血球が除去しようとして関節内に炎症が起こり、痛みが出ることをいいます。痛風の原因としては、肥満や、飲みすぎなどがあります。また男性に圧倒的に多く起こります。


痛風の症状は突然起こります。ひどい足の関節痛があり、動かなくても痛むことがあります。多く場合、足の親指の付け根が痛みだし、腫れて熱をもちます。尿酸値が8mg/dl以上となると痛風が起こりやすくなるといわれています。健康診断で尿酸値をチェックしておくことが大切です。


痛風は肥満を改善することで、尿酸値が下がり、良くなります。食事で摂取するエネルギーを制限し、運動などで消費するエネルギーを増やすことが大切です。また尿酸値を上げるプリン体という成分の摂取を控えましょう。プリン体が多い食品は、いわし類、内臓類、肉類などがありますが、食べ過ぎないようにしましょう。


痛風では他にも尿を排泄することも大切です。水分を1日2000mL程度の飲むようにしましょう。また同じ水分だからといって、ビールは他のアルコール類と比べても、プリン体を多く含んでいるので注意が必要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。