尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』

糖尿病

糖尿病はすい臓でつくられるインスリンが不足したり、インスリンの作用が妨げられることによって、血液中のブドウ糖の量が異常に増加する病気です。糖尿病には1型と2型の2種類あります。1型糖尿病はインスリンが作れないタイプの糖尿病で、インスリン注射が必要となります。2型糖尿病はインスリンの分泌がうまくいかないタイプの糖尿病で、ブドウ糖が上手く使われないために血糖値が高くなります。


糖尿病の大部分は2型糖尿病です。主に、遺伝と不適切な生活習慣が原因でなる病気です。食べすぎや飲みすぎ、運動不足などの不適切な生活習慣により、肥満になることが原因となります。食事で摂取した余分なエネルギーは脂肪内に蓄えられます。その状態が長い間続くと、インスリンの働きが低下して、血液中の糖分が過剰な状態になります。

糖尿病は最初は自覚症状がみられません。初期段階では健康診断などでおこなわれる血液診断が有効となります。ただ糖尿病は病気の進行とともに、のどの渇きで水分を多く取るようになり、トイレの回数も増えます。また倦怠感などもでてきます。

糖尿病の検査は主に血液検査でおこなわれます。早朝空腹時の血糖値が126mg/dL以上の場合、または随時血糖値が200mg/dL以上の場合などに糖尿病と診断されます。糖尿病は、視力障害や腎臓障害、神経障害などの合併症を引き起こす非常に恐ろしい病気です。このような事態にならないためにも、日々の生活習慣に気をつけていただきたいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。