尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』

アルコール性肝炎

アルコール性肝炎とは、アルコールが肝臓で分解される過程で出る、アセトアルデヒドが原因となって肝細胞に障害を起こすことでかかる病気です。アセトアルデヒドは毒性があります。長期間大量の飲酒を繰り返すことにより、アセトアルデヒドが肝細胞に悪影響を及ぼし続けることで肝炎が起こります。


大量の飲酒とは、エタノール換算で80グラムといわれています。エタノール80グラムに相当する量は、日本酒で1日3号以上、ビールなら大瓶3本以上、ウイスキーならダブル3杯以上となります。長期間、エタノール80グラムを体内に取り入れていると、肝細胞に障害がおこり、発熱や黄疸、右上腹部痛などのアルコール性肝炎の症状がでてきます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。