尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』

肺気腫

肺気腫は、喫煙などが原因で肺胞の壁が破壊されて起こる病気です。肺胞とは呼吸により空気中にある酸素を取り込んで、いらなくなった二酸化酸素を排出する働きをするところです。この肺胞が破壊されると、充分に酸素が取り込めなくなり、血液中の酸素が少なくなる病気です。

肺気腫原因は遺伝的なものや、大気汚染、年齢に伴うものとさまざまありますが、やはり生活習慣で考えると喫煙が一番の原因となります。破壊されてしまった肺胞は元には戻りません。禁煙を心がけるとともに、うがいを徹底する習慣をつけることが大切です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。