尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』

脳梗塞

脳梗塞は、脳の動脈の内腔が詰まり、そこから先に血液が流れないために、脳細胞が死んでしまう病気です。特に中心の太い動脈がつまると、広い範囲の脳細胞が死んでしまうので、命の危険にさらされます。また細い血管で起きた脳梗塞の場合は、症状に気づきにくく、症状を感じないことがあるため、健康診断などではじめて発見されるケースも多いです。脳梗塞は50歳以上になると多く見られる病気です。

脳梗塞の最も大きな原因は高血圧です。脂肪分の多い食事は、脂肪分が血管内に蓄積しやすくなるために非常に危険です。また脳内出血と同様に、喫煙、運動不足、肥満、ストレスも脳梗塞発症に大きな影響を及ぼします。脳梗塞の症状としては、手足に力が入らなくなり、手足がしびれ、言葉が上手くしゃべれなくなり、めまいなどの神経症状が現れます。重症の脳梗塞の場合は、意識がなくなり、最悪、命を落とすこともあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。