尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』

生活習慣病 予防

生活習慣病の予防は、食事、運動、休養といった生活習慣の改善から始まります。病気を発見してから治すのではなく、日頃から自覚をもって、生活を改善していくことが重要です。

不調を感じている箇所はないか、体型や体重、血圧などに大きな変化はないか、食生活で不足している栄養素はないかといったことを把握し、問題があると、生活を改善していく。

血糖値やコレステロール値など、自分でチェックできないものについては、定期的に検診を受けること。

さらに家庭の病歴について把握していくのも必要です。家族から受け継いだ危険因子に悪い生活習慣病が加わると、発病の可能性が高まるからです。

生活習慣病を予防するためには、重要な三要素が「食事・運動・休養」です。食事は、バランスのとれた食事をする・肉より魚を多く摂る・塩分のとりすぎに注意する・甘いものに注意するなどあげられます。

運動については、生活習慣病予防の運動不足を解消するためには、有酸素運動(楽に呼吸ができ、筋肉に十分酸素を送り込める運動)を、生活に取り入れることをお勧めします。ウォーキングは、現代人が無理なく生活に取り入れることのできる運動です。

休養については、何より休息・睡眠を十分とることが生活習慣病予防するには重要で、また、生活習慣病予防には規則正しい生活のリズムが健康生活の第一歩です。

そして、生活習慣病予防には節酒・禁煙を心がけることが、あなたの体を生活習慣病から守ることになります。疲労や寝不足は身体バランスをくずし、生活習慣病になりやすい体質になります。

痛風

痛風とは、血液中の尿酸値が高いことで、関節などの組織に尿酸が結晶となって蓄積し、結晶を白血球が除去しようとして関節内に炎症が起こり、痛みが出ることをいいます。痛風の原因としては、肥満や、飲みすぎなどがあります。また男性に圧倒的に多く起こります。


痛風の症状は突然起こります。ひどい足の関節痛があり、動かなくても痛むことがあります。多く場合、足の親指の付け根が痛みだし、腫れて熱をもちます。尿酸値が8mg/dl以上となると痛風が起こりやすくなるといわれています。健康診断で尿酸値をチェックしておくことが大切です。


痛風は肥満を改善することで、尿酸値が下がり、良くなります。食事で摂取するエネルギーを制限し、運動などで消費するエネルギーを増やすことが大切です。また尿酸値を上げるプリン体という成分の摂取を控えましょう。プリン体が多い食品は、いわし類、内臓類、肉類などがありますが、食べ過ぎないようにしましょう。


痛風では他にも尿を排泄することも大切です。水分を1日2000mL程度の飲むようにしましょう。また同じ水分だからといって、ビールは他のアルコール類と比べても、プリン体を多く含んでいるので注意が必要です。

高脂血症

高脂血症は血液中の総コレステロールや中性脂肪が多い状態です。高脂血症では、動脈の内側の壁面にコレステロールなどの成分が付着することによって、動脈硬化を引き起こします。そして、しばらくすると血管内腔が閉塞してしまい、そのために心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことがあります。


高脂血症の原因としては、遺伝体質や食生活の乱れ、飲みすぎ、食べすぎ、運動不足などの典型的な不適切な生活習慣にあります。


高脂血症は、通常は自覚症状がありません。そのため健康診断できちんとチェックすることが大切です。高脂血症のまま長期間過ごしていると、動脈硬化が進行し、その結果、胸痛や足の歩行痛、一時的に手足が麻痺するなどの症状が現れます。いずれも動脈硬化の症状が心臓、足、脳に現れたことによるものです。


高脂血症は血清総コレステロールが220mg/dL以上の場合、もしくはLDLコレステロールが140mg/dLの場合、中性脂肪が150mg/dL以上の場合などに診断されます。高脂血症を予防するには、動物性脂肪を減らし、食物繊維を多く含んだ野菜や、大豆、海藻などを積極的に摂るとよいでしょう。また食事の総カロリーを減らし、飲酒量を減らし、定期的に運動をするようにしましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。